検索

シリーズ「留学記」 はじめてのオーディション1/2

2011年、ベルンの大学院の2ゼメを向かえた頃、あるオーケストラの研修生のオーディションを受けることになった。 オーケストラに就職するには、基本的にオーディションを勝ち抜かなければならないのだが(そのあとさらに試用期間が1年ある)、殊にドイツではチョーキビシー書類審査がある。 こんな感じ。 ①まずは空いているポストを探す これはネットかSCHOTT出版のDas Orchester(2ヶ月に1回発行される業界雑誌 9.50EUR)にオーケストラが 求人広告を出してるからそれをチェック。金が無いので自分はネット派。 1回買ってみた。 隅々までチェック ユニークな表紙 ②履歴書と諸々を送る たまにEU圏外の人お断りのオケがあるので、募集要項を確認してから履歴書、ビザのコピーに一筆添えて送る。 同時に幾つかのオケで求人がある時はこの一筆書のテンプレートを弄るのが結構な手間。 ③練習しつつ招待状を待つ オーケストラの人は送られてきた履歴書(師事してる先生、コンクール歴、エキストラ歴)を見て、 脈が有りそうな人にオーディションへの招待状を送る。 曲は殆どの場合モーツァルトのオーボエ協奏曲+オケスタ(オーケストラスタディ。オーケストラの曲のオーボエパートで難しい所を集めたやつ)なので、その間招待状が来るのを信じて練習。 研修生、オーケストラアカデミーのオーディションの場合、基本的には全員に招待状がくる。僕自身が例外的にもらえなかった事もあります。 ベルリンフィルのオケアカのオーディションの招待状 ④運良く招待状が着たら・・・ バス、電車、場合により飛行機、ホテルを予約して本格的に練習する。

仮設サイトオープンしました。

こんにちは。オーボエの漆畑です。 前にデザイナーに作って頂いたサイトが工事中なので、こちらを公式サイトとさせていただきます。 演奏会情報も積極的に載せていきたいと思っております。 よろしくお願い致します。

    • Facebook
    • Twitter
    • YouTube
    • Pinterest
    • Tumblr Social Icon
    • Instagram