PROFILE

    漆畑 孝亮(うるしばた こうすけ)

    1987年12月生まれ。

    幼少よりピアノを、静岡県立静岡東高校在学時よりNHK交響楽団の北島章氏のもとでオーボエを始める。

    武蔵野音楽大学在学中、武蔵野ウィンドアンサンブルの各公演に参加。また、フジテレビ「のだめカンタービレ」にのだめオーケストラメンバーとしてドラマに出演。

    2010年同大学を卒業後、9月よりスイス国立ベルン芸術大学大学院修士課程に留学。在学中、ベルン大学財団より奨学金を得て、2012年同大学院修了。その後、ドイツにて研鑽を積み帰国。カメラータ・ベルン、ベルリン室内管弦楽団(旧西ベルリン)、コレッリ室内管弦楽団、フライブルク・バッハ管弦楽団、シュヴァイツァー・ユーゲント・シンフォニー・オーケストラ等に客演。2014-2015年5月、静岡交響楽団オーボエ奏者。

    静岡県文化財団 グランシップアウトリーチ登録アーティスト。

    後進の指導にも力を入れ、常葉大学短期大学部音楽科にて非常勤講師として教鞭を執るほか、数多くの中学・高校吹奏楽部オーボエパートの講師を勤めている。

    これまでにオーボエを北島章、青山聖樹、インゴ・ゴリツキ、ハイメ・ゴンザレス、渡辺克也、マーティン・ケーゲルの各氏に、室内楽を甲斐道雄、リンドン・ワッツ、マティアス・アルターの各氏に、古楽演奏法をミヒャエル・フォーム氏、指揮法を北原幸男氏に師事。また、カレフ・クリユス、ディートヘルム・ヨナス、ゲオルグ・ルスティヒ、バルト・シュニーマン、アルフレード・ベルナルディーニ、グレゴール・ヴィット、トーマス・インディアミューレ各氏らのマスタークラスを受講。

     

    2010年中学・高校教諭一種免許状取得。