検索
  • urushibatakohsuke

シリーズ「留学記」 はじめてのオーディション1/2


2011年、ベルンの大学院の2ゼメを向かえた頃、あるオーケストラの研修生のオーディションを受けることになった。

オーケストラに就職するには、基本的にオーディションを勝ち抜かなければならないのだが(そのあとさらに試用期間が1年ある)、殊にドイツではチョーキビシー書類審査がある。

こんな感じ。

①まずは空いているポストを探す

これはネットかSCHOTT出版のDas Orchester(2ヶ月に1回発行される業界雑誌 9.50EUR)にオーケストラが

求人広告を出してるからそれをチェック。金が無いので自分はネット派。

1回買ってみた。

隅々までチェック

ユニークな表紙

②履歴書と諸々を送る

たまにEU圏外の人お断りのオケがあるので、募集要項を確認してから履歴書、ビザのコピーに一筆添えて送る。

同時に幾つかのオケで求人がある時はこの一筆書のテンプレートを弄るのが結構な手間。

③練習しつつ招待状を待つ

オーケストラの人は送られてきた履歴書(師事してる先生、コンクール歴、エキストラ歴)を見て、

脈が有りそうな人にオーディションへの招待状を送る。

曲は殆どの場合モーツァルトのオーボエ協奏曲+オケスタ(オーケストラスタディ。オーケストラの曲のオーボエパートで難しい所を集めたやつ)なので、その間招待状が来るのを信じて練習。

研修生、オーケストラアカデミーのオーディションの場合、基本的には全員に招待状がくる。僕自身が例外的にもらえなかった事もあります。

ベルリンフィルのオケアカのオーディションの招待状

④運良く招待状が着たら・・・

バス、電車、場合により飛行機、ホテルを予約して本格的に練習する。

だいたいオーディションまで1ヶ月切ってる。オケスタの曲が10~20曲くらい指定されるので、そちらを中心に。

大体出る曲決まっているけれど、歌劇場のオーディションでは得体の知れない曲が出たりする。

メノッティなど近代・現代系のオペラ、ドニゼッティのマイナーなのとか。

あ、学校の事務に招待状を見せると、授業休めます。相変わらず不機嫌そう。

「頑張って」くらい言ってくれてもいいじゃない。

書類審査で落ちた場合・・・

大抵の場合、お祈りメールすら来ない。だから1週間前になっても連絡がない

場合は、察して予定を入れる。さすがにこれはどうかなと思いますよ。何処のどいつだとは言いませんが。

⑤オーディション当日

田舎の場合は駅で見かけたオーボエっぽい楽器ケースもった人についていくと、大抵会場につけます。

日本のオーケストラと違って、伴奏者が用意されている場合が多いのでお財布には優しいです。

控え室で番号を与えられた後に、順次呼ばれてモーツァルトを1分くらい演奏。

大体カーテンがあって審査の楽員からは誰が吹いているか(たぶん)わからないようになっている。

勢い良く「チーーーーン」とベルが鳴って終了。

全員が吹き終わると、すぐに幾つかの番号(全受験者の1~3割くらい)が呼ばれ、今呼んだ人達次は

この曲を吹いてくださいと言われる。

業界ではこれを「2次に進んだ」という。

良さそうな人がいないと、ここで全員脱落の場合もある。逆に延々と7次くらいまでやる場合もあるようです。

最後カーテン開けたらぐるっと取り囲むように全団員聞いてたとかね。

大体オーディションに来てる連中は顔見知りなので、「ピアニストテンポ速かったよねシャイセ(Shit!の意)」

とか言いながら昼からビール飲んで帰る。で、また①から繰り返し。

とまぁこんな感じなのですが、書類審査の時にオーケストラの研修生をやった経歴があると、

プロオケの招待状を貰いやすくなると言われています。

そもそも研修生とは、1年ないし2年間オーケストラに在籍させてもらって「オーケストラの伊呂波」

を学ぶとても良いシステムです。お金も頂けますし、無料で楽員のレッスンも受けられます。

そんな理由で僕も研修生のオーディションを受ける事にしたのですが・・・

つづく

http://www.urushibatakohsuke.com/


718回の閲覧
    • Facebook
    • Twitter
    • YouTube
    • Pinterest
    • Tumblr Social Icon
    • Instagram